座る女 座っている女の人

収入の目安

髪を束ねる女

ここでは風俗の1日の稼ぎの目安について説明していきます。

■オナクラ
オナクラの場合は風俗の中でもサービスがソフトのため他の風俗と比較すると給料は低いです。
5~6時間出勤したとして1日あたり2~3万円稼ぐことができます。
給料が低いと言ってもやはり普通のアルバイトをするよりは全然稼ぐことができます。

■ヘルス
ヘルスは上記のオナクラのようなソフトな風俗よりもハードになります。
そのため給料も上がります。
8~10時間出勤したとして1日あたり3~6万円稼ぐことができます。

■ソープランド、SMクラブ
SMクラブとソープランドは風俗の中でもトップクラスなサービスになるため、高収入が期待できます。
8~10時間出勤したとして1日あたり6万円以上稼ぐことができます。

こういった目安がありますが、あくまでも目安です。指名をたくさんされて人気を集めればこれ以上の高収入を稼ぐこともできます。

ヘルス

座っている女の人

風俗で現在最も人気で利用者が多い業種は「ヘルス」です。
ヘルスにも種類が様々あり、店舗型のものから、無店舗型のものまであります。
ここではヘルスについて紹介します。

■ヘルス
ヘルスには大きくわけて3種類あります。
ファッションヘルス、デリバリーヘルス、ホテルヘルスです。

・ファッションヘルス
ファッションヘルスは店舗型の風俗で、ファッションヘルスの他にも箱へルとも呼ばれています。
店舗型なのでお店の中にベッドとお風呂がある個室でサービスをします。
ヘルスというのは本番行為以外、つまり挿入以外で男性を満させるという仕事になります。
基本的なサービス内容はキス、手コキ、乳首舐め、フェラチオ、シックスナイン、素股などになります。
オナクラよりもサービス内容がハードになるため高収入が期待できます。
しかし、ファッションヘルスは風営法により夜12時までの営業と制限されています。

・デリバリーヘルス
デリバリーヘルスは略してデリヘルとも呼ばれていて、無店舗型の派遣タイプの風俗です。
派遣タイプというのは男性の自宅や泊まっているホテルに行きサービスをするということです。
基本的なサービス内容はファッションヘルスと一緒になります。
こちらは無店舗型なので風営法には制限されず24時間営業することもできます。

・ホテルヘルス
ホテルヘルスはホテへルとも呼ばれていて、こちらもデリバリーヘルスと同様無店舗型の派遣タイプの風俗です。
無店舗型の派遣タイプのデリバリーヘルスと違うところはホテルヘルスの場合はお店周辺のラブホテルやレンタルルームにしか派遣はしないということです。
サービス内容はファッションヘルスと一緒です。
こちらも無店舗型のため風営法に制限されることはありません。

ソフトな現在人気のオナクラ

座る女

風俗で高収入とまではいかないですが、現在人気の業種があります。
それが「オナクラ」です。

■オナクラ
オナクラはソープランドやSMクラブのようにサービス内容がハードというわけではありません。
むしろ風俗の中でソフトなほうです。
主な仕事内容は男性の自慰行為を見るという仕事です。
男性の自慰行為を見ながら言葉責めをしたりします。
サービス内容はそれだけなので脱いだり、舐めたり、触られることもありません。
そういったソフトなサービス内容からオナクラで働きたいという女性は増えてきています。
ソフトな仕事内容のため素人女性、学生アルバイトの女性が多く働いています。

しかしお店によってはヘルスとさほど変わらないようなオプションもあるので、
働く際は気をつけてお店を選ぶ必要があります。